投稿文化学会
「休刊しますよ」〜パソコン雑誌、最後のメッセージ〜

地球上に存在する種の99%は絶滅してきた。万物は滅びさる運命。秩序は無秩序に屈服する。しかし、人間には言葉という不死の魂がある。終わり良ければ全て良し。終わり悪ければ、全て悪い、、、というわけで、パソコン雑誌の辞世の句、「休刊のお知らせ」に焦点を当ててみた。行間に眠る、編集者の断末魔を聞け。
(工学社)「PiO」1986年10月号。
投稿プログラムを掲載するというスタイルで活動していた「PiO」。お知らせによると、休刊後には「I/O」に統合。「ごめんなさい!」と謝っているニワトリのイラストが、早過ぎる終焉の無念さを物語っている。
(日本ソフトバンク)「Oh!HC 」1987年終刊号。
「休刊」ではなく「終刊」と呼ぶあたり、自ら退路を断った思い切りの良さ。「HC」シリーズは、かなりマイナーな印象があるが、ハンドヘルドコンピュータの草分けとして記憶されるだろう。このあたりから、「Oh!」系の休刊が相次ぐ。
(日本ソフトバンク)「Oh! PASOPIA」87年第11号。
横山やすしと岡田有希子で有名な東芝のパソピアシリーズ。だが非情にも、パソコン界はNEC、富士通、シャープの三国時代に入ろうとしていた。 雑誌は3年半で生涯を終える。
(大陸書房)「MSX応援団」1988年10月号。
最後の「いつまでも、いつまでも 光輝いていることを祈ってます」は熱い思いが込められた名文。泣ける。
(NEW!) (日本ソフトバンク)「Beep」1989年6月号。
積極的なメーカー取材などで、コアなゲーマーに定評のあった月刊誌「Beep」。最終号は「新雑誌創刊準備号」「BeepはBeep!メガドライブになります」と銘打っている。ただ、この6月号(5月8日)は、当時別冊だった「Beep!メガドライブ(4月27日)」よりも後に発売されている。「マシン別の雑誌」「複数の媒体」という計画は実現しなかったと思われるが、これらの遺伝子はゲーマガに引き継がれている。締めくくりとして最終ページを全文引用させて頂く…
「Beepが最強のゲーム誌に生まれ変わります。再登場のその日まで、すでに秒読みがはじまっています。みなさんご期待ください。ひと足先に誕生したBeep!メガドライブもよろしく!」
(日本文芸社)「Hacker」1989年12月16日号。
ファミコンディスクのコピー方法など、アングラに徹したこの雑誌も、 編集後記では神妙だ。「Hacker精神」の再起は果たせたのだろうか。
(日刊工業新聞社)「プロンプト」1990年1月号。
突然の休刊によって、5年間の歴史に幕を閉じる。最後の「心からお詫びを申し上げたい」が悲しみを物語っている。
(アスキー)「MSXマガジン」1992年5月号。
「休刊」ではなく「刊行形態変更」と言うあたり、潔くないというか、言葉のマジック。それにしても、1992年までMSX界を盛り上げ続けた業績は賞賛に値する。この不屈の精神が、「MSXマガジン永久保存版」として結実する。

(日本ソフトバンク)「THE COMPUTER」。1992年9月号。
コンピュータ業界の楽しさを伝えた画期的な雑誌として記憶されているが、 LAOXの「ザ・コンピュータ館」が、この雑誌と連動していた事実なんて、とっくに忘れていた。
(徳間書店)「テクノポリス」。1994年3月号。
エロゲー路線と同人ソフト路線を確立した同誌も、108ページという超極薄状態で最後を迎える。ちなみに、最終号の付録は「ファーランドストーリー伝記 アーク王の遠征体験版(98用)」と「牙龍王 秘伝書」という5インチフロッピー。3.5インチ版はまだ認可されてなかったため、希望者は別途400円切手で申し込みする必要があった。

(小学館)「popcom(ポプコム)」。1994年3月号。
美少女路線とエロゲー路線の間で揺れ動いた本誌も、「テクノポリス」と同じく3月号で休刊。当時、PC-9801の独占状態だったパソコン市場は、DOS/Vパソコンのブレークによって、大変革を迎えていた。そして、Windowsの登場で、DOS時代が終りを告げる。

(ソフトバンク)「Oh!X(旧名 Oh!MZ)」1995年12月号。
ホビーパソコンの黄金郷、「X68000」。超スペックを誇ったハードウェアは3年間のブランクで勢いを失い、残る燃料はユーザーの熱き魂。それを具現化したような雑誌がこの「Oh!X」だ。マニア向けにふさわしく、編集者もマニア。ライバルのAT互換機については「愛情を持つユーザーが生まれるはずがない」と手厳しい。雑誌はWin95の登場とほぼ同時に休刊した(この後、数回ほど別冊が復活)。 なお、この記事の向かいのページに掲載されていたのは 満開製作所の広告漫画「 満開の電子ちゃん」。 漫画の内容は登場キャラが休刊に驚くというタイムリーなものになっている。
(日本ソフトバンク)「Oh! FM TOWNS」。1996年2月号。
(旧「Oh!FM」時代)FM-7/FM-8/FM-77AVから、32bitマルチメディアパソコン「FM TOWNS」まで、富士通系ユーザーの心の支えとなってきた本誌。 休刊のお知らせでは、Windowsの登場で「使命を終えた」と、その理由を簡潔に述べている。見所は編集後記で、編集長(仕事の鬼)は、オマケとしてCD-ROMを付けられなかったことを悔やんでいるようだ。早すぎたマルチメディアパソコン、TOWNSらしいエピソードといえよう。

(NEW!) (新声社)「ゲーメスト」1999年9月号。
アーケード系のゲーマーを長らく牽引してきた月刊誌「ゲーメスト」。同誌は新声社の倒産による廃刊のため、いわゆる「休刊のお知らせ」は存在しない。幻となった次回予告を見ると、アーケード系の格闘ゲームへの傾倒ぶりを一望できる。さらに次回予告を見ると、あの「新声社爆破」でおなじみの「ホットギミック3 デジタルサーフィン」の名前があるではないか! 編集長のぜんじさんの登場シーンまで添えてあり、余裕がうかがえる。

(電波新聞社)「マイコンBASICマガジン」2003年5月号。
古き良きプログラム入力雑誌。衰退の激しいパソコン雑誌業界で21年持ちこたえたのは奇跡に等しい。数多くのプログラマを育てたという実績は計り知れない。
(ソフトバンククリエイティブ)「DOS/Vマガジン」2008年2月号。
パソコン界の一大転換期となったのが、国民機からPC/AT互換機へのシフト。 Windowsで役目を終えつつも、 標準パソコンの代名詞として「ドスプイ」は残り続けた。 オーバークロックに神経と身銭をすり減らしたマニアは今いずこ。
(エンターブレイン)「ログイン」2008年7月号。
突出したセンスで時代を先取りし続けたパソコンゲーム雑誌、「ログイン」がついに27年目にして、休刊。 最終号は歴代編集者・ライター・漫画家(約40名)からのコメント、各ゲームメーカーからのコメント、雑誌の遍歴紹介、ヤマログの復活など、永久保存版にふさわしい充実した内容だった。現在、ログインはログインウェブマガジン として、WEB媒体にて活動中。さらに「紙のログイン(仮)」というムックが年内に発売予定とのこと。
歴史の中に消えていったパソコン雑誌達よ、素敵な思い出をありがとう。